作家紹介

HOME > 作家紹介 > 日本人作家 あ行

日本人作家 あ行

上村 松園 - うえむら しょうえん 【日本画家】
  • 1875年生まれ
  • 京都府出身
  • 格調高い近代美人画の完成者として知られた。
    多数の美術館に収蔵される。

1887 京都画学校(現:京都市立芸術大学)に入学
1890 第三回内国勧業博覧会に「四季美人図」を出品、一等褒状受賞
1893 幸野楳嶺に師事、後 竹内栖鳳に師事
1907 文展創設とともに出品、三等賞受賞
1924 帝院審査員となる
1934 『母子(東京国立近代美術館)』出品、帝院参与
1941 帝院芸術院会員となる
1944 帝室技芸員となる
1948 女性として初めて文化勲章を受章
1949 奈良県生駒郡にて没 74歳

代表作
『母子』 東京国立近代美術館
『序の舞』 東京芸術大学

このページのトップへ

上村 松篁 - うえむら しょうこう 【日本画家】
  • 1902年生まれ
  • 京都府出身
  • 母親の上村松園ゆずりの優美な色彩感覚で花鳥画を描いた。
    山本丘人らと創造美術(現創画会)を設立。
    松伯美術館(奈良)

1921 京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)在学中に『閑庭迎秋』が帝展に初入選
1948 日展を脱退し山本丘人らと創造美術の設立に参加
1959 芸術選奨文部大臣賞を受賞
1967 日本芸術院賞を受賞
1973 勲三等瑞宝章を受章
1981 日本芸術院会員となる
1983 文化功労者として顕彰
1984 文化勲章を受章
2001 京都市にて没 98歳

代表作
『星五位』 東京国立近代美術館
『山鹿』 京都市美術館
『春静』 (株)資生堂

このページのトップへ

梅原 龍三郎 - うめはら りゅうざぶろう 【洋画】
  • 1888年生まれ
  • 京都府出身
  • 安井曾太郎と並び梅原・安井時代と称される。
    日本画と洋画の境界を越え、奔放で豊かな情感で、日本の洋画を確立。
    風景やバラなど華麗な色彩で描いた。
    セザンヌ、ピカソ、ドガらとも交遊。

1888 京都府立第二中学校(現:京都府立鳥羽高等学校)を中退、伊藤快彦に絵を学んだ後、
浅井忠が主催する聖護院洋画研究所(現:関西美術院)に入る
1908 フランスに留学、アカデミー・ジュリアンに入学
1909 ピエール・オーギュスト・ルノワールの指導を受ける
1913 帰国
1925

国画創作協会に合流、国画創作協会洋画部(現:国画会)を創設

1935 帝国美術院(現:日本芸術院)会員となる
1944 東京美術学校(現:東京芸術大学)教授に就任、帝室技芸員となる
1952 東京芸術大学教授を辞任し渡欧、ベネチア・ビエンナーレの国際審査員を務める
文化勲章を受章
1986 東京にて没 97歳

代表作
『紫禁城』 倉敷大原美術館
『北京秋天』 東京国立近代美術館 など

このページのトップへ

奥村 土牛 - おくむら どぎゅう 【日本画家】
  • 1889年生まれ
  • 東京都出身
  • 山種美術館では多くの古径の作品と共に、土牛院展出品作の殆んど収蔵
    写生一途の土牛といわれた。

1917 木版スケッチ集「スケッチそのをりをり」を出版、雅号を土牛とした
1920 小林古径宅に住み込み長い研鑽生活に入る
1923 日本美術院研究会員となる
1927 第十四回院展『胡瓜畑(東京国立近代美術館蔵)』が初入選
1932 日本美術院同人に推挙される
1935 帝国美術学校日本画家主任教授に就任
1947 帝国芸術院会員となる
1959 第四十四回院展に現代日本画の最高傑といわれる『鳴門』を出品
1962 文化勲章を受章
1972 第五十七回院展に『醍醐』を出品
1973 著書「牛の歩み」を出版
1989 満百歳を記念して百寿記念・奥村土牛展が開催
1990 日本美術院名誉理事長となる
東京にて没 101歳

代表作
『鳴門』 山種美術館
『醍醐』 山種美術館

このページのトップへ

小倉 遊亀 - おぐら ゆき 【日本画家】
  • 1895年生まれ
  • 滋賀県出身
  • 人物、花鳥、静物を得意とし、大胆な構図や明るい色彩で、日本画に近代感覚を取り入れた作品を多く描いた。

1917 奈良女子高等師範学校(現:奈良女子大学)を卒業
1920 安田靫彦に師事
1926 日本美術院展に『胡瓜』を出品、初入選
1932 女性として初めての日本美術院同人
1962 『母子』で日本芸術院賞を受賞
1976 日本芸術院会員となる
1978 文化功労者として顕彰
1980 文化勲章を受章
1990 日本美術院理事長に任命
1996 日本美術院理事長任期満了
1999 個展(パリ)
2000 鎌倉にて没 105歳
2002 東京国立近代美術館にて回顧展(滋賀県立近代美術館に巡回)

代表作
『 浴女』 東京国立近代美術館
『受洗を謳う』 滋賀県立近代美術館
『観世音菩薩』 滋賀県立近代美術館
『舞妓』 京都国立近代美術館 など

このページのトップへ