作家紹介

HOME > 作家紹介 > 外国人作家

外国人作家

ジョアン・ミロ(ホアン・ミロ)
  • 1893年生まれ
  • バルセロナ出身
  • 「画家」という肩書きにこだわって狭い世界に閉じこもることを嫌い、
    パリでは作家のヘミングウェイやヘンリー・ミラーなどとも交流があった。
    晩年にはコンクリート製の大型彫刻や壁画などのパブリック・アートの大作を数多く残している。
    二度の来日の間に瀧口修造と詩画集を合作している。

1912 フラシスコ・ガリ美術学校(バルセロナ)に入学
1919 モンロッチとパリを往復しつつ制作するようになる
1937 パリ万国博覧会のスペイン館のために壁画を制作
1941 ニューヨーク近代美術館にて回顧展を開催
1944 陶器や彫刻の制作を始め、作品の幅を広げていく
1956 パルマに大規模なアトリエを造り、作品の規模も大きくなっていく
1959 ニューヨーク近代美術館、ロサンゼルス美術館にて回顧展を開催
ユネスコ本部の壁画に対し、グッケンハイム財団国際大賞を受賞
1962 パリ市美術館にて回顧展を開催
1966 東京国立近代美術館、京都国立近代美術館にて回顧展を開催
1970 大阪万国博覧会のガス館に陶板壁画『無垢の笑い』を制作するため来日
1976 バルセロナに「ジョアン・ミロ財団現代美術館研究所」を開設
1983 マリヨルカ島にて没 90歳

代表作
『絵画(愛知県美術館、1925)』

このページのトップへ

マルク・シャガール
  • 1887年生まれ
  • ヴィテブスク(ロシア・ベラルーシ)出身
  • 帝政ロシア領ヴィテブスク(現ベラルーシ・ヴィツェプスク)に
    モイシェ・セガルとして生れた。
    ロシア名マルク・ザハロヴィチ・シャガル、
    ベラルーシ名モイシャ・ザハラヴィチ・シャガラウ。
    故郷ヴィテブスクは人口の大部分をユダヤ人が占めているシュテットルで、
    シャガール自身もユダヤ人である。

1907 ペテルブルグの美術学校に入学
1910 パリに赴き、五年間の滞在の後、故郷へ戻る
1915 結婚
1923 ふたたびパリへ戻る
1941 第二次大戦の勃発を受け、ナチスの迫害を避けてアメリカへ亡命
1947 パリへ戻る
1950 南仏に永住することを決意し、フランス国籍を取得
1960 エラスムス賞受賞
当時のフランス共和国文科大臣でシャガールとも親交のあった
アンドレ・マルローがパリ、オペラ座の天井画をシャガールに依頼
1964 パリ・オペラ座の天井画完成
1966 17点から連作『聖書のメッセージ』をフランス国家に寄贈
1973 ニース市にシャガール美術館が開館
1985 サン・ポール・ド・ヴァンス(フランス)にて没 98歳

代表作
『I and the Village』 ニューヨーク近代美術館
『青いサーカス』 ポンピドゥー・センター
『バレエ「アレコ」舞台背景画』 第1、2、4幕・青森県立美術館/第3幕・フィラデルフィア美術館 など

このページのトップへ

パブロ・ピカソ
  • 1881年生まれ
  • マラガ(スペイン)出身
  • キュビスムの創始者。
    生涯におよそ13,500点の油絵と素描、100,000点の版画、34,000点の挿絵、
    300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な画家であるとギネスブックに記されている。

1892 ラ・コルーニャの美術学校に入学
1895 バルセロナに移住・美術学校に入学
1897 マドリードで開催された国展にて「科学と慈愛」が佳作を受賞
マラガの地方展で金賞を受賞
マドリードのサン・フェルナンド王立アカデミーに入学
(宮廷画家を目指すことの無意味さを悟り中退)
1900 カサヘマス、パリャーレスと共に初めてパリを訪れ、バルセロナとパリを数度行き来する
1901 パリで初の個展を開催、青の時代を開始
1902 パリで生活を始める
1903 バルセロナへ帰郷
1904 再びパリに拠点を移す。バラ色の時代開始
1928 彫刻に専心し始める
1930 『ピカソ夫人像』でカーネギー賞を受賞
1936 プラド美術館長就任
1937 『ゲルニカ(マドリード・ソフィア王妃芸術センター)』製作
1958 『イカルスの墜落(パリ・ユネスコ本部)』製作
1973 ムージャン(フランス)にて没 91歳

このページのトップへ

ベルナール・ビュッフェ
  • 1928年生まれ
  • パリ出身

1944 パリ国立美術学校に入学、ナルボンヌに師事
1946 サロン・ド・モワン・ド・トランタンに初めて『自画像』を出品
1947 アンデパンダン展、サロン・ドートンヌに出品
1948 ジュンヌ・パンチュール賞、第一回クリチック賞を受賞
1951 『キリストの受難』を制作
1953 日本国際美術展に出品
1963 東京国立近代美術館にて回顧展を開催
1971 仏政府よりレジオン・ドヌール勲章のシュヴァリエの称号を受ける
1973 静岡県長泉町駿河平に世界で始めてのベルナール・ビュッフェ美術館が開館
1987 愛知県美術館にて代表作80点を集めた展覧会を開催
1991 東京国立近代美術館、京都国立近代美術館にて回顧展を開催
1999 ボーム(南フランス)にて没 71歳

代表作
『青い闘牛士』 ベルナール・ビュフェ美術館
『カルメン』 ベルナール・ビュフェ美術館
『アナベル夫人像』 ブリヂストン美術館 など

このページのトップへ

ルネ・ラリック
  • 1860年生まれ
  • シャンパーニュ地方マルヌ県アイ村(フランス)出身
  • 日本との関係では、1932年に旧皇族朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)のガラスの扉やシャンデリアなどの製作を受注している。

1876 パリの装飾美術学校に入学
宝飾工芸家で金属細工師のルイ・オーコックに師事し装飾の技術を習い、夜はパリの装飾美術学校で学ぶ
1878
1880
イギリスに滞在
サイデナム・カレッジで学ぶ
1885 パリのヴァンドーム広場にアトリエを構える
1897 レジオン・ド=ヌール勲章を受章
1900 パリ万国博覧会に出品。宝飾作品が大きな注目を集める
1907 香水商のフランソワ・コティと出会う
1908 コティの注文により、香水瓶とラベルをデザイン
パリ東方のコム=ラ=ヴィルにあったガラス工場を借り(のちに購入)、
本格的にガラス工芸品の生産を始める
1912 宝飾品の展示会を開いた後、ガラス工芸品の製造に専念
1918 アルザス地方のヴァンジャン=シュル=モデールに新たな工場の建設を始める
1922 工場完成
1925 パリにおける現代装飾美術・産業美術展でラリックのために1つのパビリオンが与えられる
1945 没 85歳

このページのトップへ