作家紹介

HOME > 作家紹介 > 日本人作家 か行

日本人作家 か行

彼末 宏 - かのすえ ひろし 【洋画】
  • 1927年生まれ
  • 東京都出身
  • 40才より20年間東京芸術大学にて、後進の指導にあたる。
    詩人画家として抽象モダニズムの作風は、深い精神性を特徴とする。

1946 北海道立小樽中学校を卒業
1952 東京美術学校(現:東京芸術大学)油絵科(梅原教室)を首席で卒業
1954 東京芸術大学油絵科助手となる
国画会展に出品し、新人賞受賞
1958 西欧学芸研究所より奨学金を受け渡欧
1960 国画会々友賞を受賞、会員となる
1969 東京芸術大学助教授に就任
1980 東京芸術大学教授に就任
1991 東京にて没 64歳

代表作
『壷のある静物の構図』 東京芸術大学
『黄色い森の絵』 メナード美術館

このページのトップへ

片岡 球子 - かたおか たまこ 【日本画家】
  • 1905年生まれ
  • 北海道出身

1926 女子美術専門学校(現:女子美術大学)日本画科高等科を卒業
1930 第十七回院展に『枇杷』を出品、初入選
1939 第二十六回院展に『緑陰』を出品、入選、院友に推挙される
1955 横浜市立大岡小学校を依願退職、女子美術大学日本画科専任講師に
就任
1960 女子美術大学日本画科助教授に就任
1965 女子美術大学日本画科教授に就任
1966 愛知県立芸術大学が開校、日本画科主任教授に就任
1973 定年により愛知県立芸術大学客員教授に就任
1976 勲三等瑞宝章を受章
1982 日本芸術院会員となる
1986 文化功労者として顕彰
1989 文化勲章を受章
2005 「現代日本画の巨星 片岡球子展 〜100歳を記念して〜」(神奈川県立近代美術館 他 巡回)
2008 神奈川にて没 103歳

代表作
『面構』シリーズ
『富士山』シリーズ
『ポーズ』シリーズなど

このページのトップへ

香月 泰男 - かづき やすお 【洋画】
  • 1911年生まれ
  • 山口県出身

1936 東京美術学校(現:東京芸術大学)を卒業
藤島武二の指導を受け、在学中から国画会展に出品、受賞
また文展で特選を受けた
1940 国画会展佐分賞を受賞、同会会員
1943 応召、敗戦後シベリアに抑留される
1947 復員
1949 第二十三回国画会展に『埋葬』を出品
1962 国画会退会
1969 『シベリヤシリーズ』で第一回日本芸術大賞を受賞
1974 山口県大津郡にて没 62歳

代表作
『シベリヤシリーズ』『母と子』 山口県立美術館
『釣り床』 東京国立近代美術館

このページのトップへ

加山 又造 - かやま またぞう 【日本画家】
  • 1927年生まれ
  • 京都府出身
  • 20代のころからほぼ毎年のように新制作協会展新作家賞を受賞し、
    日本画革新の若き旗手として注目を集める。
    山本丘人に師事。
    多摩美術大学教授、東京芸術大学美術学部教授も務める。

1949 東京美術学校(現:東京芸術大学)日本画科を卒業
1950 創造美術展に初入選
1956 新制作協会会員となる
1966 多摩美術大学教授となる
1973 第五回日本芸術大賞を受賞
1974 創画会会員となる
1980 第三十回芸術選奨文部大臣賞を受賞
1997 文化功労者として顕彰
2003 文化勲章を受章
2004 横浜にて没 76歳
2009 国立新美術館にて回顧展(他 巡回)

代表作
『春秋波濤』 東京国立近代美術館
『雲龍図』 京都天龍寺法堂天井画
『黒い薔薇の裸婦』 東京国立近代美術館 など

このページのトップへ

熊谷 守一 - くまがい もりかず 【洋画】
  • 1880年生まれ
  • 岐阜県出身
  • 油彩のみならず水彩、書も簡朴なうちに無限の味わいが有り評価が高い。
    仙人といわれた。

1904 東京美術学校(現:東京芸術大学)を首席で卒業
同期に青木繋、指導は黒田清輝に受けた
1909 第三回文展に『蝋燭』を出展
1915 第二回二科展に『女』を出展
1916 二科会会員となる
1947 二紀会の創立に参加
1951 無所属作家として俗世を離れ、自由に制作を楽しみながら、単純明快な形と色で独自の様式を確立
1964 パリ・ガルニエ画廊で作品展
1967 文化勲章を辞退、パリ・ガルニエ画廊で作品展
1972 勲三等叙勲も辞退のエピソードは有名
1977 東京にて没 97歳

代表作
『陽の死んだ日』 大原美術館
『ヤキバノカエリ』 岐阜県美術館
『漁村』 愛知県美術館
『松』 東京国立近代美術館
『化粧』 京都国立近代美術館
愛知県美術館の木村定三コレクション等

このページのトップへ

小磯 良平 - こいそ りょうへい 【洋画】
  • 1903年生まれ
  • 兵庫県出身
  • 古典主義の最も良質な部分を貫き通し、卓抜な描写力と、典雅な色彩で描いた人物、とりわけ女性像には定評があった。

1925 小磯家の養子となる
第六回帝展に『兄妹』を出品、初入選
1926 第七回帝展に『T嬢の像』を出品、特選
1927 東京美術学校(現:東京芸術大学)西洋画科を卒業
1928 パリへ留学 2年後帰国
1932 第十三回帝展に『裁縫女』を出品、特選
1936 新制作派協会を結成、創立会員となる
1942 『娘子関を征く』で第一回帝国芸術院賞を受賞
1950 兵庫県文化賞を受賞
1953 東京芸術大学教授に就任
1958 東京芸術大学美術学部に版画教室を設ける
1964 東京芸術大学で数年来手がけてきた銅版画を初めて公開
1971 東京芸術大学を退官、同大学名誉教授となる
1973 勲三等旭日中綬章を授章
1974 迎賓館赤坂離宮の二階大広間を飾る「絵画」「音楽」が完成
1979 文化功労者として顕彰
1982 日本芸術院会員となる
1983 文化勲章を受章
1988 神戸市にて没 85歳

代表作
『斉唱』 兵庫県立美術館
『二人の少女』 神戸市立博物館
『働く人びと』 三井住友銀行 など

このページのトップへ