作家紹介

HOME > 作家紹介 > 日本人作家 ま行

日本人作家 ま行

前田 青邨 - まえだ せいそん 【日本画家】
  • 1885年生まれ
  • 岐阜県出身
  • 歴史画から肖像画、花鳥画と幅広い作域を示し、豊麗な画境を築く。
    法隆寺金堂壁画再現事業、高松塚古墳壁画描写の指導にもあたる。

写真:前田 青邨

1902 梶田半古から「青邨」の雅号をもらう
1914 日本美術院に出品、同人に推挙される
1922 日本美術院留学生として渡欧
1937 帝国芸術院会員となる
1944 帝室技芸員となる
1951 東京芸術大学教授となる
1955 文化勲章を受章
中津川名誉市民となる
1977 東京にて没 92歳

代表作
『羅馬使節』
『洞窟の頼朝』
『浴女群像』
『知盛幻生』

このページのトップへ

丸山 勉 - まるやま つとむ 【洋画】

丸山勉 作品

         
1986 東京造形大学 造形学部美術学科卒業
1987 白日会初出品、M賞受賞、会友に推挙される
1989 白日会準会員に推挙される
1990 白日会T賞、富田賞を受賞、会員に推挙される
1999 個展(山手画廊)
個展(名古屋松坂屋本店)以降、隔年で開催
日展初出品で特選を受賞
2000 日展に無鑑査出品
個展(岡山天満屋)
2001 文化庁 現代美術館選抜展出品、白日会三洋美術賞を受賞
2002 かけがえのない現象展(白日会選抜展、日本橋三越)に出品
2003 日展にて特選を受賞
2004 個展(山手画廊)
個展(栃木県佐野市)、佐野市収蔵
2005 総理官邸に作品を寄託
個展(銀座松坂屋)
2006 個展(山手画廊)
個展(日本橋三越)
個展(銀座)
東美アートフェアに出品
日展審査員を務める
2007 東美アートフェアに出品
21世紀展に出品(以降毎年)
日展会員になる
2008 個展(山手画廊)
中山アカデミーイン蓼科講師(以降毎年)
アートフェア東京2008にて個展
個展(横浜そごう 他)
2009 第85回白日会文部科学大臣賞を受賞
日展審査員を務める
東美アートフェアに出品
2010 個展(山手画廊)
個展(静岡松坂屋)
個展(渋谷東急本店)
2011 第1回山の会(山手画廊)
個展(宇都宮東武)
2012 個展(山手画廊)
個展(日本橋三越・正月展)
個展(姫路山陽百貨店 他)
「リアリズム・コンプレックス」プロデュース(2015年まで)
日展審査員を務める
2013 第2回山の会(山手画廊)
個展(京都アートフェア 2013)
個展(広島天満屋 他)      
2014

個展(山手画廊)
個展(東美アートフェア)

2015 第3回山の会(山手画廊)
個展(あべのハルカス)
個展(大丸東京)      
2016 個展(山手画廊)

このページのトップへ

村上 華岳 - むらかみ かがく 【日本画家】
  • 1888年生まれ
  • 大阪府出身
  • 山水と仏画を主題とした作品を多く描き、東西の様式を吸収し、しかも宗教的境地から生まれる芸術性の高い、神秘的な日本画を示した。

1907 京都市立美術工芸学校を卒業
1911 京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)を卒業
卒業制作の『二月の頃(京都市立芸術大学)』を第五回文展に出品、褒状
1916 第十回文展に『阿弥陀三尊』を出品、特選
1918 土田麦僊、榊原紫峰らと国画創作協会を結成
1939 神戸にて没 51歳

代表作
『夜桜之図』 京都国立近代美術館
『日高河清姫』 東京国立近代美術館 - 重要文化財 -
『裸婦』 山種美術館
『観世音菩薩施無畏印像』 兵庫県立美術館 など

このページのトップへ