作家紹介

HOME > 作家紹介 > 日本人作家 さ行

日本人作家 さ行

杉山 寧 - すぎやま やすし 【日本画家】
  • 1909年生まれ
  • 東京都出身
  • 日本画に新しい革新と局面を切り開き日展を舞台に活躍。
    知的で抜群の描写力が特徴。

1933 東京美術学校(現:東京芸術大学)日本画科を卒業
第十四回帝展に出品して特選
1951 日展に『エウロペ』を出品
1957 『孔雀』で日本芸術院賞を受賞
1970 日本芸術院会員となる
1974 文化勲章を受章
1993 東京にて没 84歳

代表作
『穹』 東京国立近代美術館
『昊』 メナード美術館
『エウロペ』 東京都美術館

このページのトップへ

杉山 惣二 - すぎやま そうじ 【彫刻家】
  • 1946年生まれ
  • 愛知県出身
  • テラコッタ
    古くからヨーロッパで発達し美術品や建築装飾など数多く、
    粘土で素焼されたその作品は、ぬくもりと素朴さが感ぢられる。
    現在 新制作協会会員、個展、グループ展多数。

杉山 惣二 作品

1971 東京芸術大学 大学院修了
1974 新制作協会展 新作家賞を受賞 (1983年も受賞)
1984 第十九回昭和会展(東京・日動サロン)優秀賞を受賞、
新制作協会会員推拳
1986 第一回ロダン大賞展(美ヶ原高原美術館)
特別優秀賞(ジョコモ・マンヅー賞)を受賞
1990 個展・瞑想への誘い(彫刻の森美術館)
第三回ロダン大賞展(美ヶ原高原美術館)特別優秀賞(エミリオ・グレコ賞)を受賞
1992 Tokyo Art Expo'92(東京晴海)に出品
個展(渋谷西武)
1994 個展(東京・泰明画廊)
1995 福岡通男(テンペラ)との二人展 “土のはなし・木のはなし”(山手画廊)
1997 個展(パリ・ギャラリーデンプロス)
2002 個展(東京・泰明画廊)
2004 ブランクーシ大賞展にて優秀賞を受賞
高島屋巡回展(東京、大阪、名古屋、横浜、京都)
2006 ごらくギャラリー(銀座)個展

代表作
『男と女「暦」』 彫刻の森美術館
『耕』 豊田市猿投棒の手 ふれあい広場
『暦'90』 美ヶ原高原美術館
『星のヴィーナス』 岐阜市未来会館
『'96美神の門』 東京・御台場
『母子像』 栃木刑務所 など

このページのトップへ