作家紹介

HOME > 作家紹介 > 日本人作家 た行

日本人作家 た行

高山 辰雄 - たかやま たつお 【日本画家】
  • 1912年生まれ
  • 大分県出身

1936 東京美術学校(現:東京芸術大学)日本画科を卒業
1946 第二回日展に裸婦2人を描いた『浴室』を出品、特選
1949 第五回日展に『少女』を出品、特選
1975 日展理事長となる
1977 日展理事長任期満了、日展常務理事・顧問となる
1979 文化功労者として顕彰
1982 文化勲章を受章
2007 東京にて没 95歳

代表作
『砂丘』 東京芸術大学
『浴室』 大分県立芸術会館
『食べる』 大分県立芸術会館
『日』 六曲屏風、成川美術館
『月』 六曲屏風、成川美術館 など

このページのトップへ

田渕 俊夫 - たぶち としお 【日本画家】
  • 1941年生まれ
  • 東京都出身

1967 東京芸術大学大学院日本画専攻修了、修了制作『水』を大学が買い上げ
第二十二回院展春季展に『陽』を出品、初入選
1968 第五十三回院展に『ヨルバの神々』を出品、入選
1970 日本美術院院友となる
平山郁夫に師事、愛知県立芸術大学美術学部助手となる
1974 愛知県立芸術大学美術学部講師となる
1981 第三十六回春の院展に『橘寺遠望』を出品、奨励賞、外務大臣賞を受賞
1982 第一回前田青邨賞受賞
第六十七回院展に『流転』を出品、日本美術院賞を受賞、日本美術院特待となる
1984 愛知県立芸術大学美術学部助教授となる
1985 第四十回春の院展に『秋意』を出品、春季展賞を受賞
東京芸術大学美術学部文化財保存学助教授となる
第七十回院展に『叢叢讃歌』を出品、日本美術院賞を受賞、日本美術院同人となる
1988 第七十三回院展に『緑風』を出品、文部大臣賞を受賞
1994 第七十九回院展に『大地』を出品、内閣総理大臣賞を受賞
1995 東京芸術大学美術学部文化財保存学教授となる
1998 第十一回MOA岡田茂吉賞大賞を受賞
2002 永平寺に襖絵を奉納
2004 鶴岡八幡宮に襖絵を奉納
2005 東京芸術大学副学長に就任
日本美術院 同人・理事
2008 「画業40年 東京芸術大学退官記念 田渕俊夫展」(全国巡回)
2009 「智積院講堂襖絵完成記念展」(日本橋高島屋 他 巡回)

このページのトップへ