展覧会案内

HOME > 展覧会案内 > 杉山紀美子 日本画展2008

杉山紀美子 日本画展

2008年10月15日(水)~26日(日)

杉山紀美子先生は、昭和31年生まれ。
院展で活躍の女流作家です。

女子美を卒業後、古典や歴史画で著名な、
故 森田曠平先生の薫陶を受けました。

院展の出品作は主に音楽家をモチーフとした人物画を出品しておりますが、
今展覧会は、四季の花を小品(SM)から30号まで、15点程の展観です。

正確なデッサンに基づいた、明朗で大胆な構図。
一点、一点、制作に集中するあまり、一ヶ月に二、三点という寡作な作家で、展覧会も稀少です。

画面一杯の堂々たる、草花達、生命力が息づいています。

是非、実作品を御高覧くださいませ。

杉山紀美子

杉山紀美子
「コスモス」10号

杉山紀美子

杉山紀美子
「クリスマスローズ」3号

杉山紀美子

杉山紀美子
「みかんと栗」6号

「コスモス」 10号 「クリスマスローズ」 3号 「みかんと栗」 6号

※画像をクリックすると拡大して見ることができます

このページのトップへ